写真:イレンカヴィンヤード(北海道)

イレンカヴィンヤード

(北海道)

「イレンカ」とは、アイヌ語で理想・希望の意、

そして2012年北海道にてスタートした私どものワイン醸造用葡萄畑の名前です。

私どもが最初に行ったのは、1ヘクタール程の休耕地に、3,800本のピノノワールの苗を植樹することでした。

ワイナリーの特色

Vineyard

イレンカの畑は、北海道岩見沢市、美しい丘陵地帯が広がる栗沢町上幌地区にあります。2012年、1.3haの休耕地に苗を植付けるところから畑をスタート。緩やかな南向き斜面に、株間1m×畝間2mの植栽間隔で南北方向に58列、その後の補植または新たな植付けを経て現在は樹齢3~5年の約4,000本が生育しています。

Wine

イレンカが目指すのは、「スローフード」と考えを同じくする”スロー・ワイン“。
まずは、できる限りサステナブルな栽培で健全で良質な葡萄を収穫すること。そしてその葡萄からのワインは、”造る“というより、私どもが日本のピノノワール銘醸地としてポテンシャルを感じている空知地方のテロワールが、格別なワインとなって表現されるよう、自然と共存し、その流れに身をゆだねて余分な手を加えず、ただ細心の注意をはらって”守り育てる“ものだと考えます。

ワイナリー情報

ワイナリー名
イレンカヴィンヤード
代表者名
永井 邦代
住所
〒068-0112 北海道岩見沢市栗沢町上幌
電話番号
080-5528-6936
URL
http://www.irenka.co.jp/
MAIL
info@irenka.co.jp