写真:アルプスワイン(山梨)

アルプスワイン

(山梨)

山梨県笛吹市にある家族経営のワイナリー。

「より多くの方に気軽にワインを楽しんで頂きたい。美味しさがまず大事。難しい事は抜き。」

という創業当時よりの考えを大切に、甘口から辛口まで、多種多様なワイン造りに挑戦しています。

ワイナリーの特色

アルプスワインの歴史

創業は1962年(昭和37年)。

毎日一升瓶を空けるほどの酒好きであった創業者:福平はワイン造りに関心を持ち、当時地元狐新居区に醸造所を置き、地域の農家さん達が運営されていた「御代咲醸造」を引き取り、株式会社化したのが始まり。

「アルプスワイン株式会社」の由来は、本社工場から正面に南アルプスの山並みが綺麗に見える事から。

現在のアルプスワイン

合言葉である“Small Winery、High quality.”を実現させ、さらに本格的な食中酒向けワインを造るため、2004年より特区制度を活用した自社管理畑を取得し、その畑のぶどうから醸造するプレミアムワイン「プラチナコレクション」シリーズを製造開始。

ワインの品質保持の観点より2012年から主要ワイン製品にStelvin(TM)スクリューキャップを順次採用し、これに伴い2013年末にほぼ全ての主要ワイン製品について、750ml入りボトルへの移行を完了し、小さな規模でも世界基準をクリアする製品造りをおこなっています。

アルプスワイン4つの取り組み

1、ぶどう本来の成分を損なわないようにする
搾汁時にドライアイスを用いて、果汁酸化を徹底して防いでいます。

2、クリアーでクリーンな味わいを実現する醸造
果汁の酸化を防いだ上で、POFを出さない酵母を選択し、醗酵が止まらないよう管理する醸造を行います。ほか細かな醸造上の改善から、クリアーでクリーンなワインが生まれます。

3、亜硫酸塩の添加を少なくする
未来にわたって熟成が期待できるワインを生み出すことに成功。この技術は主要製品に水平展開し、プレミアムワイン全体の酒質向上に貢献しています。

4、ワイン保存性の向上
コルクに比べてStelvinスクリューキャップの密閉性能に優位性を認め、主要ワインを全面移行。特に白ワインをよりフレッシュに保つ事が出来る様になりました。

直営店サロン

◆1F SHOP
「ワインと、ワインがある暮らし。」をテーマに、
自社製造のワインや保存料無添加の100%果汁、ワイン関連雑貨、菓子類、キッチン雑貨などを扱う直営ショップ。
木のぬくもりを感じられる開放的な空間で、ワインや果汁の試飲も可能。

◆地下セラー
サロン地下は、樽専用の貯蔵庫。

ワイナリー情報

ワイナリー名
アルプスワイン
代表者名
前島 了
住所
〒405-0068 山梨県笛吹市一宮町狐新居418
電話番号
0553-47-0383
URL
http://www.alpswine.co.jp
営業時間
9:00~17:00
定休日
水曜日+不定休
見学の可否
可能。要問合せ
扱いブドウ品種
シラー,ブラック・クイーン,マスカット・ベーリーA,カベルネ・ソービニヨン,メルロ,アリカント,キャンベル,コンコード,アジロンダック,シャインマスカット,シャルドネ,甲州,デラウェア,ナイアガラ,ソービニヨン・ブラン,巨峰