最高のコンビ!!フライドポテトにスパークリングワインが合う秘密とは?

マリアージュ

揚げたてのフライドポテトを一口食べた後にビールでのどを潤す。

自宅飲みの時はもちろん、居酒屋などでよく目にする風景ですよね。気軽に楽しめるおつまみの代表格であるフライドポテトですが、じつは「スパークリングワイン」との相性も抜群なんです。

ここでは、フライドポテトとスパークリングワインが合う理由を解説していきたいと思います。

フライドポテトとお酒の関係

一般的にフライドポテトに合わせるお酒というと、ビールやハイボール、サワー(チューハイ)といったイメージです。なぜ、こういったお酒とフライドポテトの相性が定番になっているのでしょうか。

考えられる理由は大きく分けて二つあります。

  • カジュアルなフードでありとくに難しく考えていない
  • 塩気と脂っぽさを爽快に流したい

では、それぞれについて考えていきましょう。

カジュアルなフードでありとくに難しく考えていない

フライドポテトは一部高級なものがあるものの、ほとんどがカジュアルな価格で提供されています。

それに合わせてわざわざ高級な味わいのお酒を持ち出す方は少ないでしょう。さらに、居酒屋でのシーンを思い浮かべてください。

ペアリングを考えて注文されているというより、“何となく”という感じで注文されることが多くないでしょうか?

つまり、いちいちペアリングを考えて注文する方は少ないということです。

塩気と脂っぽさを爽快に流したい

ペアリングについて深く考えてはいないものの、できれば料理とお酒はベストな相性で楽しみたいという方もいるでしょう。

ある意味で、“なんでもいい”というステージから一歩踏み出した方の考え方です。

私たちは経験則から、“フライドポテトは脂っぽく、塩辛い”という印象を持っています。(今回はケチャップやマスタード、サワークリームなどをつけていない…という前提でいきます)

そして、ビールやハイボール、サワー。これらは冷えた温度で提供される上に炭酸が強く、飲み心地も爽快です。

つまり、あつあつのポテトフライの焦げ臭と塩気、淡白な味わいとこれらお酒が合うのは必然であり、一口食べたらこういったテイストのお酒を体が欲してしまうのです。

フライドポテトになんでスパークリングワイン?

ある程度、定番の組み合わせがある中でなぜ、“フライドポテトにスパークリングワインが合う”と提案しているのか。

その理由を述べる前に一般的なスパークリングワインの特徴を見ていきましょう。(ロゼや高級シャンパーニュなどを除く)

  • しっかりと冷やして飲むお酒
  • 炭酸が強い
  • 柑橘や花など爽やか&アロマティックな香り
  • 酸がしっかりとして爽快な飲み心地

もちろん、樽由来のナッツの風味や奥深さ、辛口or甘口などスパークリングワインによって違いはありますが、一般的なイメージではこんなところでしょう。

先ほどお伝えしたお酒と全く同じとはいいませんが、特徴だけみるとフライドポテトに合いそうな感じがします。

では、この特徴を踏まえてより深くこの組み合わせの魅力を解説していきましょう。

互いの美味しさを引き立てる

そもそもフライドポテトにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

油で揚げることで得られる外側のカリカリの食感と香ばしい香り。主張し過ぎないたんぱくな風味に内側のホクホク食感…。

食べ飽きしないシンプルさが魅力です。(油で揚げてもビタミンCの分解が比較的少ないので栄養素的にもgood)

また、フライドポテトといえばその塩気。たんぱくな味わいであるが故に塩気をほかの食物に比べてより感じられ、このミネラルを求めて私たち人間は食べ続けてしまうともいわれています。

さて、ここで出てくるのがスパークリングワインです。

揚げたて熱々のフライドポテトを冷たいスパークリングワインがクールダウン。カリカリ食感とシュワシュワした炭酸のテクスチャーの妙。

塩気のミネラル感とスパークリングワインに感じられる爽やかなミネラル感の相性にも親和性を感じます。

さらに、スパークリングワインの爽やかな柑橘や花のような風味がフライドポテトに味付けをしたように包み込むため、口の中が華やかな印象に。

そして最後にフライドポテトの油分を上品な酸が流してくれるので、結果最後は爽やかにフィニッシュできるわけです。

たんぱくな味わいのフライドポテトだからこそ、スパークリングワインの複雑な風味が生かされより美味しさアップ。

ほかのお酒のように油分を流して口の中をスッキリさせるだけでなく、「スパークリングワインとフライドポテトの良さを互いに引き立てる」ペアリングだからこそ、おすすめしたいのです。

カジュアルなスパークリングワインがおすすめ

ちなみに、スパークリングワインと一口にいってもその種類はさまざま。カジュアルなものから1本数十万円を超える高級なものまで揃っています。

できればワインペアリングの基本でもある、“食べるものと格”と合わせるという観点から、カジュアルなスパークリングワインを選んだ方がよいでしょう。

フライドポテトは淡白でスパークリングワインの良さを引き立てるとはいえ、その魅力を一切消さない…というわけではありません。

高級なスパークリングワインは繊細な複雑さが魅力であり、せっかくの味わいが楽しめなくなる可能性があります。

そのため、フライドポテトに合わせるのであればカジュアルなカバやプロセッコ、炭酸ガスを注入したもの、日本産の手軽なスパークリングワインなどがいいでしょう。

ぜひ、いろいろなスパークリングワインを試しながらベストな組み合わせを探してみてください。

フライドポテトもワインで楽しむ!

フライドポテトとスパークリングワイン。

なかなか結びつかなかった…という方もいるでしょう。

しかし、フライドポテトの特徴を知ればその相性が抜群であることを理解いただけたと思います。

ぜひ、今日からフライドポテトにはスパークリングワイン。

まずはご自宅からでもチャレンジしてみてください。

関連記事